お箱がよくても、実際に品物を入れたとき、中身と箱のバランスが合わなければ、せっかくの中身が引き立ちません。
そこでここでは、当店の商品がどのように利用されているかを実際にご覧ください。
お弁当にお菓子に、総菜にと使い方色々。皆様もこちらを参考に、当店の折箱をぜひご利用下さい。

_DSC3706t

「和彩 旬の郷」様のお弁当

厚木駅北口に平成25年11月にオープンした「和彩 旬の郷」様は本格和食のお店です。    店内は、空間にこだわった全室個室。宴会、接待、慶事など、幅広く利用できます。       お使いいただいているお弁当容器は子規膳桐柄3仕切です。             

 

 

 

img_01

箱根湯本 ちもと様の「わらびもち」(6個入り)

湯もちで知られるちもと様ですが、こちらは経木のかぶせ蓋付きの折に入ったわらびもちです。
たっぷりした餡をわらびもちで包んで黄粉をまぶしています。
甘さを控えた繊細な味です。
この6個入れの他に10個があります。

箱根湯本 ちもと様ホームページ
http://yumochi.com/

img_02

箱根湯本 竹いち様の「すり身団子」

玉葱入りとごぼうを練りこんだすり身団子。
もっちりとした歯ごたえが自慢のすり身団子は食べ応えがあります。
10個入れ、15個入れ、20個入れがあります。
人気があるので午後には売り切れてしまうことも。前もって注文しておくといいですよ。

箱根湯本 竹いち様ホームページ
http://www.take-ichi.com/shop.html

img_03

小田原風祭 鈴廣様の「金目鯛の炙りめし」

そぼろが入った茶飯の上に、金目鯛の炙り焼をのせた贅沢なお弁当。
金目鯛は脂が乗っていてとても美味。
もちろん紅白蒲鉾も入っています。
小田原鈴廣様かまぼこの里内「鈴なり市場」にて販売しています。

鈴廣さまホームページ
https://www.kamaboko.com/